台風に備える窓の安全対策

query_builder 2021/07/14
ブログ
取替えシャッター

近年台風の大型化により、住宅への被害が増加しています。

台風に備える窓の安全対策についてご紹介します。



Q『窓ガラスに段ボールや養生テープを貼る対策がよく紹介されますが、効果はどうなのでしょうか?』


窓ガラスにダンボールや養生テープを貼る!?

イラスト:窓ガラスにダンボールや養生テープを貼る




A.養生テープを貼るだけでは、植木鉢のような飛来物でも窓ガラスを突き破って室内に飛び込んでくる場合があります。



台風への備えとしてメディアでもよく紹介されるのが、窓ガラスにダンボールや養生テープを貼る対策です。

応急処置として手軽にできるメリットはありますが、「窓ガラスが割れるのを防ぐ」ためではありませんので、安全性を高めるためには、窓ガラスをしっかりと守る対策が必要です。





やはり「シャッター・雨戸」での対策が一番安心!


イラスト:やはり「シャッター・雨戸」での対策が一番安心!


最近の住宅はシャッター・雨戸をつけていないところもありますが、窓をしっかり守るのに最適なのは、やはり「シャッター・雨戸」です。

飛来物が当たった際も窓ガラスが割れるのを防いでくれます。

台風が来たとき、窓に電動シャッターが取付けられていれば、ボタンひとつで簡単に窓をガードできるって安心ですよね。



シャッターや雨戸を設置すれば、飛来物からしっかりガードでき、台風時の不安を解決します。


シャッター【耐風タイプ】 雨戸【断熱タイプ(Danパネル雨戸)】



シャッター・雨戸は、今ある窓に後付けでリフォームが可能。

工事も最短1時間からとお手軽です。

防災対策だけではなく、冬の寒さを軽減し、防犯対策にもなりますから、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

※施工時間は現場により異なります。



シャッターと雨戸のリフォーム前リフォーム後の写真



シャッター・雨戸が設置しづらい窓には、防犯合わせ複層ガラスがおすすめ


防犯合わせ複層ガラス ガラスに特殊な膜を挟み込み、飛び散りを抑制。



シャッター・雨戸が設置しづらい窓の対策としておすすめしたいのが「防犯合わせ複層ガラス」です。

ガラスの間に特殊中間膜を挟み込んでおり、飛来物が当たって割れてもガラスの破片が飛散しにくいという性能に加えて、耐貫通性を高めています。

防犯タイプのガラスは防災にも有効です。


前回に続いて台風対策についてご紹介しました!

これまで以上に災害対策に関心を持ち、しっかりと備えましょう!



NEW

  • 台風や地震に強い屋根

    query_builder 2021/11/30
  • ひたちなか市でT・ルーフ

    query_builder 2021/11/22
  • アイデア次第で使いこなせる収納棚

    query_builder 2021/11/12
  • ひたちなか市で効率よく整理する収納棚ですっきり

    query_builder 2021/11/04
  • リフォーム浴室ドアで簡単にキレイに快適に

    query_builder 2021/10/18

CATEGORY

ARCHIVE